日常生活をアシスト

popular article

  • 日常生活をアシスト

    介護者の負担を軽減 自宅で生活する際、障害を持つ人や高齢者にと…

    » 続きはコチラ

  • スマートな設置のポイント

    階段昇降機は住宅に合ったデザインを選ぶ 歳を取ると足腰が弱り、…

    » 続きはコチラ

  • 一般家庭でも設置できる時代

    簡単な工事で設置できる階段昇降機 身体的に不具合のある人や高齢…

    » 続きはコチラ

介護者の負担を軽減

自宅で生活する際、障害を持つ人や高齢者にとって階段の上り下りが負担となります。そのため、日々階段を上り下りすることで転倒する可能性が高まるので、階段昇降機をつけて転倒するリスクをなくすのが安全になります。なぜなら、階段昇降機をつけることで日々の階段の上り下りの負担を減らすことで、ストレスを抱えにくくなるからです。なので、階段昇降機を導入することは、障害者や高齢者にとって自宅を安全な場所に変えるのが主な目的になります。
そして、自宅に階段昇降機を導入する場合は、業者に問い合わせて現場調査を受けることになります。現場調査によって階段の形状に合った階段昇降機を提案してくれるだけでなく、安全性を重視して階段昇降機を提案してくれることもあります。特に、肘掛けがある階段昇降機であれば、階段の上り下りで転倒に悩まされなくなるので、怪我に追われるリスクを極力減らせます。また、曲がり角の階段がある自宅に住んでいても、湾曲タイプの階段昇降機を提案してくれます。よって、階段昇降機を導入する時は現場を調査して自宅の形状に合った階段昇降機を提案してもらうのが重要になります。そして、階段昇降機を導入する目的として階段の上り下りを楽にするだけでなく、高齢者であれば介護する人の負担を減らすことにも繋がります。

階段昇降機の種類と使い方

階段昇降機は、乗った人が自分で操作できるため介護人がいなくても高齢者ならば1人で階段を上り下りできます。とはいえ、階段昇降機を導入する際は使い続けることを検討するのであれば、メンテナンスを施す必要があります。そのため、階段昇降機を自宅に導入する場合は、緊急時にすぐに対応してくれる業者を選ぶのが重要となります。階段昇降機には、レールに面した椅子の上に腰を掛けて階段を上り下りするタイプとなる椅子式階段昇降機があります。そして、車椅子に座って自宅で生活する人であれば、車椅子用階段昇降機で車椅子に座ったまま階段を上り下りすることができます。椅子式階段昇降機の使い方は、階段の壁に沿ってレールが設置されるので、壁に背を向けた状態のままで階段を上り下りできます。けれども、階段の最終段で乗り降りする必要があるので、高齢者が安全に利用するには上階を椅子回転乗り降りで利用できるようにするのがお勧めです。
椅子回転乗り降りは、上階と足受けが同じ高さまで上がると同時に機械が停止するため、レバーを操作することで降りたい方向に下りることができます。椅子を回転させることで階段の上り下りが楽になる椅子式階段昇降機は、体が不自由な人でも階段の上り下りに手間を掛けにくくなります。階段昇降機の使い方は、レバーを操作して階段を上り下りするだけでなく、降りたい方向に降りる際にもレバーを操作して降りるのが基本になります。

Copyright(C)2017 生活を快適にしてくれる階段昇降機を紹介 All Rights Reserved.