増える階段昇降機のニーズ

popular article

  • 日常生活をアシスト

    介護者の負担を軽減 自宅で生活する際、障害を持つ人や高齢者にと…

    » 続きはコチラ

  • スマートな設置のポイント

    階段昇降機は住宅に合ったデザインを選ぶ 歳を取ると足腰が弱り、…

    » 続きはコチラ

  • 一般家庭でも設置できる時代

    簡単な工事で設置できる階段昇降機 身体的に不具合のある人や高齢…

    » 続きはコチラ

階段昇降機の必要性

高齢化社会が進展してきた今日、バリアフリーと言う考え方が重要になっています。障害を持った人や、高齢者が社会で生きていくなかで、さまざまな障壁があります。特に階段は、脚の不自由な方は降りることはできません。脚の不自由な方でも、杖をついて降りることができる人も居ますが、症状が進むと、車イス生活になり、車イスでは、踏み面が狭いため、階段を降りることはできません。
そこで、今までは、人が抱えて階段下まで降ろしていましたが、大人を抱えて階段を下ることは大変ですし、踏み外した場合は、介助される人だけではなく、介助する人もけがをする可能性が高いです。そのために、発明されたのが、階段昇降機です。階段昇降機は、レールの上を昇降機が移動して、被介助者を安全に階段下まで送る昇降機です。
現在では、2階建て住宅の階段部分に取り付けられているものや、家から公道に降りる階段部分にも取り付けられているものもあります。特に、30年以上前にニュータウンと言われ住宅団地となったようなところは、一階が車庫で家の玄関に行くまでに急な階段を上らなければならない住宅団地も多いです。このような住宅団地では、住人の高齢化等から、階段部分に昇降機を取り付けているところが多いです。

介護には階段昇降機が便利

日本の高齢者の数は年々増えており、超高齢化社会とも言われています。今我が国では介護を求めている方は非常に多いのですが、それに対する介護従事者は少ないです。なので自分の親は子供である自分が介護をしないといけないという方も多いでしょう。介護はとても重労働で簡単にできると思ったら大間違いです。そんな介護の負担を軽減してくれるのが階段昇降機なのです。
階段昇降機は階段に取り付けるもので、椅子に座ればそのまま階段の上まで連れていってくれるという優れもので、バリアフリーなどの一環で多くの施設に取り入れられています。これを自宅に設置することで足腰に負担のかかる階段の手間を省くことができるのです。
階段の登り降りは高齢者にはかなり堪えるもので、付き添えや手すりが必要です。さらに階段は怪我の可能性が高く、下手をすれば命にも関わってくるので注意が必要な場所でもあります。階段昇降機があればその危険性をぐっと減らすことができますし、一人で登り降りができることによって、使用者に自信も与えるでしょう。
階段昇降機を設置するのは手間だと思うかもしれませんが、これはレンタルもあるので意外と手間ではないのです。もし気になった方はぜひ調べてみてください。

Copyright(C)2017 生活を快適にしてくれる階段昇降機を紹介 All Rights Reserved.